infor

Home CH24 Yチェア(Y-Chair,ワイチェア) 商品一覧

Y-Chair CH24 Y-Chair 商品一覧

Y CHAIR(Yチェア )ヨーロッパサイズのすすめ

Yチェア各仕様の特徴について

Yチェア(ワイチェア)材質

Beech/ビーチ材日本名:ブナ

ビーチ材 木肌は白くなめらかな材です。デンマーク国内では家具に使われる木材の中で、最も需要が多いと言われています。

Oak/オーク材日本名:ナラ

オーク材 木肌は荒く、特有の幅広の放射組織が虎斑(とらふ)と呼ばれる独特の模様を作り出します。使い込むほどに深みのある茶褐色に変化していきます。

Ash/アッシュ材日本名:トネリコ

アッシュ材 白色~淡い黄褐色で、木目は素直(通直)木肌は淡褐色で塗装に適している為非常に美しい表面をしています。
仕上げ

四角Soap Finish /ソープフィニッシュ

ソープフィニッシュは、デンマークの家庭の中で家具や床の洗浄をするために石鹸を使用してしていたことから、自然発生的に生まれた仕上げ方法です。家具を使いながら、何度も繰返しソープ仕上げを施すことにより、木部に付着した汚れを落とすと同時に木の表面に石鹸の脂肪分を残し、汚れをつきにくくします。
表面に塗膜をつくらないため、木が持つ本来の感触や質感を保ち、キズがついても表面をサンドペーパー等で研摩することができるので、補修も比較的簡単にできます。
ソープフィニッシュに使用される石鹸は、天然素材を原料とした自然石鹸です。
デンマークではソープフレークというフレーク状の石鹸を使用しますが、日本では洗濯石鹸やふきん洗い用などの自然石鹸が代用できます。
(石鹸は無香料・無着色のものを使用し、化学的に合成された洗剤は使用しないでください。)

四角Oil Finish /オイルフィニッシュ

オイルフィニッシュは、乾性オイルを木部にしみ込ませる仕上げ方法で、オイルが導管に浸透し乾燥することにより導管を埋め、湿度の変化や汚れなどから木部を守る仕上げ方法です。
オイルが木部に浸透するため濡れ色になり、木の自然な色を際立たせます。
また、使い込むほどに、深みのある落ち着いた色に変わってゆきます。
オイルを施すことで木の表面が保護されるので、取り扱いは容易です。
また、表面に薄い膜をつくりますが、ソープフィニッシュ同様、キズがついても表面をサンドペーパー等で研摩することができるので、補修も比較的簡単にできます。

四角Clear Finish/合成樹脂塗装(クリア塗装)

成樹脂塗装は木の表面に強い塗膜をつくるため、ソープフィニッシュやオイルフィニッシュに比べ、湿度・汚れなどに対し比較的強い塗装です。
日々の取扱いは最も簡単ですが、家具を使用している間に起こる塗膜のキズ・磨耗・劣化・剥離などは避けることができません。
それらの補修を完全にするには全体を塗装しなおすしか方法がありません。
また、クリア塗装の場合は紫外線が塗膜を透過するため、木部が日ヤケし経年変化同様に色が変わっていきます。
張地
ペーパーコード

Paper cord/ペーパーコード

樹脂を含浸させた紙を縒った紐です。
以前は収穫した麦などを束ねる等の用途で使用されていました。
従来の植物の茎や葉を縒った縄と比べ、紐の品質が全体にわたり均一であることや、座面として十分に強度があること、さらに使用感も優れている事等の理由から、1940年代頃から椅子に用いられたと言われてます。
お電話でのお問い合わせ